おとぼけさん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉のチカラって。

<<   作成日時 : 2007/10/13 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

友人であり、憧れのおねいさんでもある昔の会社メイトAさんが、
何を思ったのか、突然呟いた。


「日暮屋って、犬か猫なら猫系だね。」
『そうかな?』
「うん。猫♪…って言っても"可愛い子猫ちゃん"とかじゃなくて…」
『…』
「ホラ、田舎の漁村とかで漁師さんに魚とかもらって暮らしてる、野良でむくむくーっとした…」
『ああ、よく観光客とかに撫でられるがままになってる、ゆるーい感じの…』
「そうそう!そんな感じそんな感じ♪」(←ご満悦)


うーん、喜んでいいんだかなんだか。ヽ(´ー`)ノ


そういえば、このおねいさんと仲良くなったきっかけは
何度目かに一緒にランチに行った時に、思わず

『Aさんって華奢でお嬢な印象なのに、意外と腕が逞しいんですねぇ…。』

と、つい感心して呟いてしまったら 

「そうよー♪テニス部で鍛えたのよー♪♪」

と、エア素振りしながら嬉しそうに応えてくれたことだった。
 # ちなみに私は意外性のある人が大好きなので、他意はないです。

なんだか久しぶりに思い出したよ☆
しかし、どちらも字面だけで見ると、酷い会話だなぁw(ノ∀`)


最近…、メールとかの「言葉」だけを見て
振り回されたり、感情的になったり、したりされたり
なんだかそういうことが多いけど。

「それって、言われたんじゃなくて『見た』だけじゃん?」
と、思うようになってきた。

言葉は道具だから、判断基準としては甘いよね。
行間から滲み出る「人となり」を感じるには、
人を読むのと同じぐらいのスキルや経験値も要るし。

会話でも誤謬や誤解が起こるのに、
もっと情報量の少ない文章を妄信するのは、ちょっと危険。

世の中、国語力に優れた人ばかりじゃないし
語彙は世間によりけりだもんなぁ。

会話してても、その人の真意はさっぱりわからないけど
(そもそも話してる本人もわかってない場合が多いだろうし)
悪意の有無や、愛の有無は伝わるものじゃないかなぁ。

言霊に捕まらない方法は、必要以上に
言葉に意味を持たせないことかもしれないなぁ。

てな塩梅で最近は、「言葉のチカラ」よりも
そんなぼんやりとしたものに敏感でいたい今日この頃。


五感で生きよう♪ ヽ(´∀`)ノ


ーーーーーー

そーいえば多感な中学時代に、クラスのオピニオン・リーダー的な女の子から「アンタはうちのクラスの”置物”なんだから♪」と誉められた(?)ことがあり。

どうやら蕎麦屋のたぬきとか招き猫とか、そういうアレらしく。

当時は『置物…?』と思ったけど、他人から見た私のイメージって、多分ずっとそんな感じなのねきっと☆ 

それ以外だと「どこかの土産物に似てる」と言われることもしばしば…。これはこれでなんだかおいしいけど、どうしていつも人類外なんだろう。

まーいいや。とりあえず。

人畜無害なルックスに産んでくれた、親に感謝☆(u人u)

ーーーーー

冒頭の会話の数日前に、飲食店の裏口にいた
そんなふうに生きる、街のにゃんこ先生。

画像


思う存分、撫でさせてくれるんだけど
カメラを構えると、ストラップにじゃれてから
ふいっと後ろ向いてしまった…。

カメラが嫌いなのか、彼の「カメラ角度」なのかは謎。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉のチカラって。 おとぼけさん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる